散歩道に咲いていた花々です。


 12A8845E-99BC-4E48-B5C3-56CCB8A6216F
[撮影:ゆるり]


馬酔木(あせび)

花言葉:「犠牲」「献身」「危険」

    「あなたと二人で旅行に行きましょう。」

    「清純な心」



万葉集巻2・166

『磯ノ上に生ふる馬酔木を手折らめど

見すべき君がありと言はなくに』

大来皇女

(岸のほとりに咲く馬酔木を手折って、

思わず花を見せたいと思う。

けれども、見せるべきあなたは

いないことだのに。)




4ECE9DB2-4161-4311-B11A-46AFA2268FA6
[撮影:ゆるり]

山吹(やまぶき)

花言葉:「気品」「崇高」「金運」



万葉集巻19・4197

『妹に似る草と見しより我が標し

野辺の山吹誰れか手折らし』

大伴家持

(あなたに似ている草だと

標(しめ)をした野辺の

山吹(やまぶき)を誰が

手折ったのでしょうか?)





昼間は、静かな遊歩道。

高校時代の通学路。

卒業して何年も何年も経っているのに、

また、ここを歩けるなんて、、、、

不思議な気持ち。

少し景色は変わったけれど、

甘く切ない思いがするのは、

変わらないかも。




お立ち寄り下さいましてありがとうございます。









アートセラピーランキング

<
人気ブログランキング />



クリック